4WDのスポーツカーならこれに乗れ!

パートタイム・フルタイム4WDとは?四輪駆動の仕組み

4WD、4・Wheel・Driveの略で日本語的には四輪駆動となります。

 

4WDは、もともと泥道やでこぼこ道を走るために考えられた仕組みで、二つのタイヤではタイヤ空転してしまうのであれば、四つのタイヤで駆動力をかけた方がいいと言うことから始まりました。

 

ですので、4WDは悪路を走る車や雪が降り積もっている地域の冬用の車以外必要ないということになります。

 

しかし、世の中にはオンロード用の4WDシステムというものがあり、それを採用したモデルがたくさんあります。

 

オンロード用4WDには生活用4WDとスポーツ4WDというものがあり、生活用4WDは、普段は二輪駆動で走っているが、その駆動輪が空転して走ることができなくなった時だけ四輪駆動になるもので、一般的な車にある二輪駆動モデル以外に4WDモデルを用意しているという大衆車や軽自動車にある4WDモデルがそれにあたります。

 

一方、スポーツ4WDというのは、スポーツ走行時の走行性能を高めるためにあるもので、加速時やコーナー脱出時のトラクション性能を向上させるためにつけられているものです。

 

オンロード用4WDは構造的にスタンバイ式4WDとか、フルタイム4WDなどといわれることがありますが、生活用4WDは一定の条件を満たした時だけに4WD状態になりますのでスタンバイ式と呼ばれ、スポーツ4WDのように常に四輪にトラクションが掛かっている状態のものをフルタイム4WDと呼ぶことになります。

 

ただ、オフロードモデルなどに採用されているパートタイム式4WD以外の、センターデフがある4WDシステムのことを総じてフルタイム4WDと呼ぶ傾向があるので、フルタイム4WDと言っても全てが本当の意味での「フルタイム」4WDではないということは理解しておきましょう。

GT-R、WRX、ランエボ、どれがおすすめ?四輪駆動のスポーツカー

今一番ホットな4WDスポーツモデルといえば、ホンダのNSXが挙げられます。

 

新しいモデルは、ハイブリッドモデルとなりましたがそれと同時に電気モーターによる4WDシステムも得ることになり、ハイブリッド4WDスポーツといった車になりました。

 

システムパワーも581psとなり、燃費もそこそこいいので4WDスポーツとしてはかなり優れた車になっているわけですが、実用性の無さと2000万円を軽く超える車両価格があるため、あまり現実的ではありません。

 

それは日産のGT-Rも然りです。

 

現実面から考えれば、現行モデルでいえばスバルのWRX STIあたりがいいかと思います。

 

パワーも300ps超えていますし、4WDシステムの作りも良く、トヨタが狙っているぐらいのものを持っています。

 

車全体の完成度も高いので、現在新車で購入できる4WDスポーツの中ではこれが一番だと思います。

 

ただ、スバルご自慢のフラット4エンジンのオイル漏れが多いこと、マニュアルトランスミッションしか用意されておらず、AT限定免許の方では乗れないといったデメリットもあります。

 

これを克服できるのであれば、まず問題なく現実的な車で一番いいのはこのモデルです。

 

中古車ですと、より一層幅が広がります。

 

三菱のランサーエボリューションシリーズ、インプレッサWRX STI、スカイラインGT-Rなどがあり、程度の良いものであれば、まず問題なく長い間、4WDスポーツの高次元な走りを満喫することができるかと思います。